株価や為替レートをシンプルに考える


毎年確定申告を行っていると誰でもできる単純労働の給与だけでは、毎年の収入の増加も限られたものです。相場をはじめた頃はおこずかい程度の収入があれば良いと考えていましたが、年々金額が大きくなるにつれ少しずつその考え方も変わってきました。今では複数の収入源を確保し会社の給与に依存する割合を少しずつ減らしていくように考えています。

スポンサーリンク

試行錯誤しながらもなんとか10年以上FXと株を売買して生き残ることが出来ています。インカムゲインをメインに取引しているのでFXはスワップポイント、株式は配当金が収入源となります。過去の経験則から年間でみると配当金よりもスワップポイントの方が多くなる傾向があり、FXの利益と節約生活で貯めた資金で株式を購入し、年間の配当金と配当利回りを上げる様取引するのが最も私に向いているやり方です。

めんどくさがりの私には日々の株価や為替レートに一喜一憂して取引するのは無理です。短期間で大きく稼ぐ方が何かと注目されますが、ハイリターンには当然ハイリスクがついてきますし、何よりストレスがたまり長続きしません。

そんな私でも日々の株価や為替レートのチェックは行っています。割安な時にいつでも買える態勢は整えておかなければなりません。ひとたび買い時がくれば一気に買うことはせず、ある程度金額や日数を分散させて少しずつ買います。指値注文をいくつかに分けて金額を分散し、さらなる安値がくる可能性を考えて日数を分散させておきます。

この作業は何かと時間がかかりますが、株価や為替レートを過去の経験則から予想して次の展開を考える心理戦はだんだん面白味が増えてきました。初期のころはいろいろな指標をみて決めていましたが、今はシンプルに考えるようになりました。

株価であれば「配当利回り」と「年初来安値」とチャートで大体の指値を決めることが多いです。為替レートは「平均買値」(ない場合は最初に買いたい買値)と「含み損がどの程度まで耐えられるか」とチャートで決めます。後はマーケット次第でまた次の展開の考えていく様になりました。株価や為替レートも日々変化するので、買いたいレンジになるまでは待つだけです。

インカムゲインを増やすことが目的なので、株価なら配当利回りを上げることを考え、FXならロスカットされない様にスワップポイント増大を第一に考えておけば良いのではというのが今の私の考え方です。今後この考え方が変わるかもしれませんが、めんどくさがりの私にはシンプルな方が合っていると思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX, 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です