はじめてのテンバガー


株価が10倍に跳ね上がる株のことをテンバガー株といいます。今まで保有している銘柄でテンバガー株はありませんでした。2170のリンクアンドモチベーションの本日の終値548ではじめてのテンバガーを達成できました。

スポンサーリンク

2011年12月1日に立会外分売で購入できた銘柄です。サービス業で人事、採用、IR戦略などの経営コンサルティング会社です。PC教室・資格取得教室なども展開しています。配当利回りが良いので売らずに保有していました。

月足のチャートで株価をみてみると、2016年から急上昇しています。2012年から2013年にかけて株式分割を行い、2014年1月に283円をピークに株価は下落しています。2016年2月の97円を底に恐ろしい勢いで上昇しています。

本日の終値548円前日比+27(+5.18%)での各指標は、PER28.9倍、PBR9.99倍、利回り1.09%です。割高でいつ下落してもおかしくないですが、どこまで上昇するのかも興味があります。

高配当株をメインに売買しているので、テンバガー株には縁がないと思っていました。テンバガーになるような銘柄を探すこともありません。立会外分売で購入した銘柄がたまたまテンバガーになっただけです。

5年3カ月でテンバガーになるよりも、5年間配当利回りを下げず増配や株式分割を行うような銘柄の方が、私には合っていると思います。

今後いつかわかりませんが、株価の調整局面があると思います。株価が下がって「あの時売却していれば」と思う方もいるかもしれません。キャピタルゲインの方がインカムゲインよりも大きく稼ぐことが出来ます。

ただ私はキャピタルゲインを目的にして取引すると、緊張して余裕をもった取引ができません。情報量も資金も個人投資家は大口投資家の足元にも及びません。唯一個人投資家にチャンスがあるとすれば時間を味方につけることです。

年間を通して利益を出さなければならない大口投資家と違って個人投資家は、時間に余裕をもって売買できます。年間を通して売買しないという選択肢もあります。

病気やケガ、事故や天災がいつ自分の身にふりかかるかわかりません。東日本震災後に物流が混乱してガソリンスタンドに長蛇の列ができたり、食料品の買い溜めが起きました。そのような時にインカムゲインがあるのとないとでは、心の余裕が違ってきます。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です