決算再延期の東芝


バレンタインデーに決算発表を延期した6502東芝が、ホワイトデーの本日に決算の再延期を発表しました。初値202前場にずるずる値を崩し安値196.1まで売り込まれます。後場は一転して値を戻し終値215.9前日比+1.0(+0.47%)と持ち直しプラス圏着地となっております。一日でこれだけ乱高下しているので、デイトレードをされている方は多いと思います。

スポンサーリンク

再延期で株価は大幅に下がると思いきや、まさかのプラスで終了しました。決算発表を再延期するような企業の株を売買したいとは思いませんが、株価の値動きには興味を惹かれます。不祥事や事件で株価が乱高下した時にいつも「足銀」のことを思い出してしまいます。

2003年12月に「足利銀行で儲けた」とテレビ塔の屋上展望台から、1米ドル紙幣と旧100円紙幣を撒き散らした事件がありました。足利銀行は上場廃止前に1円の株価をつけました。上場廃止数日前にデイトレーダーで生計をたてる元銀行員の無職の男性(当時26歳)が、株であまりに簡単に儲けられた為に嫌気がさし紙幣をまき散らしたそうです。

その後もいろいろな憶測があり、実は1円で大量に購入していて、このままでは紙屑になるので一芝居うったなどいろいろと話題になりました。当時は株とFXをはじめて間もなかったのでよく覚えています。東芝の株価には今後も注視してみたいと思います。

明日、立会外分売される3154メディアスホールディングスを申込ました。SBI証券と松井証券で各300株なので、もしかすると当選するかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です