重要イベント待ち


いよいよ今晩、FOMCの結果発表イエレン議長会見(日本時間16日午前3時過ぎ)があります。オランダ議会選挙の投票締め切りは日本時間16日午前5時頃です。それに備えた一日だったのか、東証1部の売買代金は2月21日(1兆6500億円)に次ぐ今年2番目の薄商いでした。

スポンサーリンク

東証1部騰落数は、値上がり420銘柄に対し、値下がり1461銘柄、変わらずが123銘柄でした。東証2部指数の騰落率が-0.78、ジャスダック平均が-0.98、マザーズ指数が-3.39と新興市場の下落が目につきます。

私の保有銘柄は値下がりが多い一日でした。昨日申込をした立会外分売3154 メディアスホールディングスはすべて落選しました。分売価格2061で割引率3.01%でしたが、本日の株価は初値2060、高値2072、安値2055、終値2055と落選してよかった!?かもしれません。

昨年のブレグジットや米国大統領選のようなことがあるので、楽しみと不安が混ざった複雑な気持ちです。このブログに投稿するようになって、他の個人のブログを見る機会も増えました。中長期で投資をされている方のブログからいろいろ参考にさせて頂いたことも多いです。

個別銘柄については私よりも研究熱心で関心することも多くありました。米国株についても投資されている方が多く、私も今後割安な局面になれば米国株を購入しようと考えています。

理由の一つは私がメインで取引しているSBI証券が、米国株式取引手数料を引き下げた為です。日本株取引手数料も私が口座を開設した頃に比べると、かなり安くなり米国株もそのようになっていけば売買しやすくなります。

それにインカムゲインを目的にしているのであれば、米国の高配当株や50年以上も連続増配している株を見過ごす訳にはいきません。今は割安とはいえないので今後の状況次第で購入していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です