旅行比較サイト最安値常連「てるみくらぶ」倒産について


本日が3月権利・配当取り最終日となりました。昨日大きく下げましたが本日は反発して終了。指値の買い注文はすべて失効しておりました。これでまたレンジ相場が続くのでしょうか。割安になるタイミングを逃さないよう次に備えます。本日はニュースでよく取り上げられている「てるみくらぶ」について投稿します。

スポンサーリンク

今回のニュースで気になったのは破産申請までの時間がとても短いことです。

3月23日まで現金一括入金キャンペーンで新聞広告を掲載していた
3月24日 いきなり臨時休業
3月25日、26日 土日休み
3月27日、朝一で地裁に破産申請 11時半 弁護士3人と共に黒服で涙の謝罪会見

その後も「社員80名で50名の内定者がいた」とか「関連会社も営業停止した」など影響は旅行代金を支払った被害者以外にも広がっています。

乗員・乗客15名が死亡した軽井沢スキーバス転落事故があって以来、格安な旅行プランや割安な交通機関は利用は避けるようになりました。毎年大阪へ帰省する際も割安な夜行バスは避け、新幹線を利用しています。夜行バスはずっと同じ姿勢で疲れ、冷房で体調も悪くなるのが一番の原因なのですが。

もう一つ気になったのは「現金一括入金キャンペーン」です。多少安くなるからとなんでもキャッシュで払えばよいというものでもないようです。カード払いにしておけば支払いは先延ばしできます。その後に事業者が破綻した場合、残金の支払いに交渉や免除の余地がでてくる可能性もあります。【YJカード】

「安物買いの銭失い」ではないですが、格安には理由があるって事がわかる事例の一つです。割安な中国産の食品についてもニュースになって以来、多くの日本企業では「国産」と大きく表示されるものが目立ってきたように思えます。

食品は生活必需品なので安い方が有難いですが、「安すぎるのには訳がある」と消費者は見抜く必要があるようになってきました。比較サイトで調べれば価格はすぐにわかります。今後はその先の「なぜこの価格に出来るのか」を調べる能力が問われるようになってきているように思えます。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です