日経平均高配当株50指数ETFについて


米国が議会承認も国連の議決もなしに、中国との首脳会談の合間にアサド政権の空軍基地を空爆しました。

「北朝鮮に手を出すな」と習が主張、「それは中国次第だ」とトランプ。シリアへのミサイル攻撃後、トランプ「明日、良い返事をきこう」

外交とはこういうものです。この後に中国がどのような対応をするかで、今後の展開が大きく変ります。相場への影響も小さくないでしょう。本日は日経平均高配当株50指数ETFについてです。

スポンサーリンク

以前からETFを購入するのであれば、1489 NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信と考えていました。2月13日初値36250から順調に上昇しています。1カ月後の3月13日37050を天井に下落に転じます。4月6日に34100で年初来安値を更新しました。

決算日が1月4月7月10月の各7日になり、本日4月7日は初回決算日になります。

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120170407437379.pdf

収益分配金が1口につき443円となりました。年0.3024%の信託報酬を支払う必要があります。ただ高配当株を洗い直してリバランスしてくれることを考えれば、必要経費と割り切ってもよいと思えるようになりました。

昨日年初来安値を更新したばかりなので、すぐに購入することはありません。もうしばらく監視を続けます。できれば年内にはいくつか購入して、今後の利回りの参考にしてみたいと思います。

地政学リスクの高まりからか、恐怖指数日経VIが20.25となりました。来週以降もまだまだ下値を探る展開が予想されます。株式の購入をここまで我慢してきたので、焦らずじっくりと構えて割安銘柄を狙っていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

カテゴリー: 個別銘柄 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です