下落トレンドの心構え


本日年初来安値を更新した1873 日本ハウスホールディングスがライブスター証券で約定していました。手数料が安いので打診買いによく利用しているネット証券です。3月権利取りが不十分だったので、そろそろ購入ペースを上げていかないと年間の配当金額が前年比マイナスになってしまいます。本日も円高株安が継続中なので、下落トレンドについて投稿したいと思います。

スポンサーリンク

「相場の金と凧の糸は出し切るな」という相場の格言があります。今の子供は凧揚げした経験があるのでしょうか。私が幼いころ、凧揚げをしている風景をよくみましたし、私もよく凧揚げをして遊んでいました。当時はアメリカで発明された三角形の凧ゲイラカイト(Gayla Kite)が大流行していました。お年玉で最初に買ったゲイラカイトは、糸をすべて出しきり、糸の最後が結ばれていなかったので、糸を巻くことなくはるか遠くへ飛んでいってしまった悲しい思い出があります。

投資には資金が必要であり、その資金には余裕を持たせる必要があります。いつもギリギリの資金状態で勝負すると、いざという時大きな勝負も出来ませんし、またダメージを受けた時に持ちこたえる事が出来なくなってしまいます。

株式の現物取引であれば、また上昇するまで気長に待つこともできますが、FXのような取引ではある程度余力が必要です。今日の安値が明日の高値になることはよくあります。私の経験から思いこみで一度に多く購入すると、後に後悔することの方が多いです。

相場が下落している時に値ごろ感から購入することも時には必要です。ただ底値がどこにあるかは誰にもわかりません。私は中長期で売買しているので、配当利回りである程度の水準を決めて購入しています。今の相場がどの程度まで下落するかわかりませんが、監視銘柄の配当利回りは上昇しています。割安になった銘柄は少しずつ時間分散をして購入していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: FX, 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です