投資に消極的な意見も聞いてみる


連休明けでどうなるか期待と不安の入り混じった思いで相場をみていましが、日経平均は今年の高値をあっさり更新しました。保有銘柄にも特に大きなニュースもありませんでした。連休中に時間があったので個人のブログをいろいろ拝見していました。中には投資に消極的な意見もあり、投資に興味がない方の考えを調べてみました。

スポンサーリンク

多くが「難しい」とか「面倒」といった意見でした。ただ個人でブログを運営されているぐらいなので、それなりのネットスキルはあると思います。ちょっとした時間、一日の少しの時間で結構なので、株価や為替レートをみて興味を持ってもらいたいものです。

「資金がない」といった意見も多かったです。投資はまとまった金額でなくても、少額からでもスタートできます。早期にはじめる習慣をつけた方が成長期間も長くなります。「家訓で株禁止」といった珍しい方もいました。消極的を超えて絶対にやめた方がいいという方もいました。

「投資自体が無意味」と言われた方のブログを読んでみると、最初に「勝ち続けることが難しい」「負けても平気な心構えが必要」「大きく負けることによってその心構えを強くする」とありました。相場に全戦全勝はあり得ません。人生も山あり谷あり、天気も晴天もあれば嵐もあります。勝ち負けを繰り返してトータルで+であれば、良いのではないでしょうか。

次にある理論を出して「勝った時の喜びよりも負けた時の悲しみ怒りの方が大きい」とあり、最後に「大勝してももっと稼ぎたい思考に陥り、身分不相応のお金をもつと大きな勘違いをして傲慢になる」とありました。身分不相応のお金というところから短期間に大きな利益をあげて、勘違いして傲慢になるというのはよく理解できます。

ただ中長期で投資している私はあまり日々の株価に一喜一憂しませんし、インカムゲイン目的なので株価が大きく上昇しても、売却することはほとんどありません。むしろ株式分割や増配を期待して保有し続けます。

最後に「株やFXでの資産構築は勝っても負けても幸せになれない」とありました。私の解釈では「短期の株やFXでの資産構築は、勝っても負けても幸せになれない。ただ中長期の資産構築はその限りではない」といったところでしょうか。考えにはあまり共感できませんでしたが、気になった点はいくつかありました。私も大きな勘違いをして傲慢にならないよう、気をつけていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です