会社の給与に依存せず社畜から脱出することを考える


日経平均2万円の壁は本日も突破出来ず、何か意図的なものを感じます。本日は会社の給与に依存しないことについて投稿します。

スポンサーリンク

会社が年功序列で終身雇用を維持していた頃は、昇進して年収をアップさせたいと思った頃もありました。何度か転職して今の会社で働いていますが、もう昇進したいという気持ちはありません。私にとってはストレスにしかならない、過度に責任を負わさるような役職にもつきたくありません。

「仕事ができないからそういうことをいうのでは?」と思われる方もいるでしょう。仕事ができないのなら遠方へ異動させられます。ほぼ毎年場当たり的に人が入れ替わり、人を育てることをほとんど考えていない会社への不信感もあります。

現状では会社の給与に依存して生活することになっていますが、その割合は少しずつですが減っています。FXのスワップポイントや株式の配当金のようなインカムゲインの増加で、毎年の給与の依存は減少しつつあります。

もっと短期間に効率よく資金を増やす方法があるかも知れませんが、リターンの増大に比例してリスクも増大します。リスクを極力小さくして、中長期で安定してリターンを増やしていく今のやり方が私に合った投資方です。

投資以外でもインターネットを使ったビジネスが選択できるようになりました。私はクラウドソーシングやブログの運営などを行っています。はじめて間もないですし、すでにサーバー利用料金を払っているので、今のところはマイナスです。

たとえわずかであっても、収入を得る方法を今のうちに増やしておくことは重要です。今後会社の給与に依存せず生活できるようになる為には複数の収入源を確保し、少しずつその額を増やしていくことだと考えています。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です