押し目はすぐに買われてしまう今の相場は強い


昨日の夕方から南アランド円やトルコリラ円が急落しました。南アランド円で8.11トルコリラ円で30.2まで下落するも、その後上昇に転じています。私の予想では南アランド円で8.00割れ、トルコリラ円で30割れまで下落するのではないかと考えていました。翌朝見事に予想がハズレていました。

スポンサーリンク

昨日は立会外分売でセック(3741)の申込を行い、分売値段1617円(ディスカウント率3%)より下落するようであれば、さらに買増すことも考えていました。昨日の段階では本日の株式も大きく下げてはじまると思いましたが、翌朝夜間取引で昨日と変わらない水準で推移していたので、こちらも予想がハズレたことになります。

今年の日経平均の年初来安値は4月17日につけた18224.68です。株価が割安と判断するのはこの値が、今のところ目安になっています。決算発表で個別銘柄では大きく上下する銘柄もありましたが、私が狙っている銘柄は大きな値動きはありませんでした。

昨日はFXで短期売買されている方には長い一日で、大きく明暗が分かれた方も多いのではないでしょうか。私は基本短期売買は行いません。上手く取引する技量もありませんし、なにより一瞬の値動きを見逃さないようすることにストレスを感じます。中長期でFXも取引しているので、過去のチャートを確認して割安と判断した時だけ少しずつ少しずつ購入していきます。

これといった根拠はないですが、過去の経験から昨日の大きな下げは2~3営業日は続くと思いました。欧州時間に大きく動き、米国時間でさらに加速するようなパターンが過去にいくつもありました。今回もそのパターンになるのではと思いましたが、今の相場は押し目買いが活発で、私が考えている以上に強いと感じました。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: FX, 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です