トレンドの変化の見極め


FOMC直後にドル円は円高になりましたが、その後は徐々に値を戻し元の水準に落ち着いています。大きく下落すると思っていた株価も小動きで推移しました。過去に米国が利上げをした後に円高になったので、今回もそうなるのではと思いました。ただ最近は監視銘柄でそろそろ買っても良いレベルに、なりつつある銘柄も増えつつあります。本日は短期と中長期のトレンドについて投稿します。

スポンサーリンク

株式の購入やFXでロングポジションを持つ際に、よく参考にするのが中長期のチャートです。購入しようとしている値段が、過去のチャートを見て含み益になる期間がどの程度か調べる為です。今まで何とかこの方法で乗り越えてきましたが、トルコリラ円ではこの方法が通用しませんでした。FXについては別の方法を見つける必要がありますが、株式は銘柄にもよりますがこの方法で調べることも多いです。

売却の際は短期のチャートから売値を決めることが多いです。過去一週間の値動きから売りたい値段を決めます。高値から調整局面にあれば売却できそうな値段、高値を更新するような勢いがあれば待つこともあります。

大型船のように中長期のトレンドはゆっくりと推移し、小型船のように短期のトレンドはすいすいと方向をかえられます。購入する際も買付の指値注文はなかなか約定せず、売却時の注文は比較的すぐに約定します。

相場のトレンドを船に例えるにはもう一つ理由があります。大きな船になればなるほど惰性で、すぐには停止することはできません。相場も急には止まれない場合が多々あります。いったん動き出すと勢いがつき高値更新が続く時や、下落相場で売りが売りを呼び安値更新が続く時です。

株の格言に「強弱よりも運用を学べ」とあります。「強弱」とは株価の上げ下げのこと、「運用」とは投資手法のことです。株価の上げ下げを気にするのではなく、自分の投資手法を極めることが必要です。ただ自分に合った運用方法を見つけるのも、以外と難しいものです。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です