アートネイチャー株主総会出席


昨日売却したオンキヨー(6628)の買い気配が凄いことになっています。本日もストップ高になりました。私が保有していた時は鳴かず飛ばずで気長に待つ予定でしたが、昨日の急騰で怖くなり売却しました。悔しい反面このように急騰するような銘柄は、下落する時もあっという間です。無配の銘柄なのでまた安値圏で停滞するようであれば、購入も考えてみたいと思います。本日はアートネイチャーの株主総会に出席の投稿になります。

スポンサーリンク

アートネイチャーの第50回定時株主総会が新宿パークタワーパークハイアット東京39階ボールルームで行われました。2009年11月に購入した銘柄で、昨年の配当利回りは8.03%で保有銘柄平均より高いですが、5月に発表された決算内容が良くありません。17年3月期の連結経常利益は前の期比15.4%減の29.2億円になり、18年3月期も前期比48.0%減の15.2億円に落ち込む見通しとなった。3期連続減収、4期連続減益で株価も低迷しています。

そろそろ売却するのか、もう少し保有を続けるのかを決める意味も含めて今回参加しました。参加者は100名弱です。減収減益が続いているので明るい雰囲気ではありませんが、特に厳しい質問もありませんでした。減収減益や株価低迷について取締役から何らかの打開策のようなものがあると期待しましたが、これといったものはありませんでした。

役員報酬制度の見直しの一環として「役員退職慰労金廃止」がありますが、次の成長分野への投資などで増収を目指すような具体的な説明はありませんでした。すぐに売却することはありませんが、割安でも買増すことは当分ないと思います。さらに同業のアデランスが2月に上場廃止になったことも見逃せません。

これまでカツラ業界はアデランスとアートネイチャー2社の独占状態で、以前は男性カツラが中心でした。それが近年、年をとってもキレイでいたいという60歳超の女性の需要が伸び、今や顧客のメーンは女性になっています。テレビのスポットCMを観た人からの電話にていねいに応対し、高いものでは80万円はするオーダーメイドや、レディメイドで数万円のウィッグを買ってもらう。ところがここ2年ほど、小林製薬や資生堂という大手を筆頭にエステや通販会社などまでが、5000円から1万円ほどの安いウィッグを出しはじめ、顧客をすっかり奪われてしまったのです

もはや成長を期待する方が無理なようです。今後は売り時を見極める時期にきたのかもしれません。

最後に「おいしい青汁」と「まつ毛用美容液」をお土産として頂きました。個人的にはシャンプーの方が有難かったのですが、持ち帰る際に重いと問題があるのでしょうか。軽く持ち帰りには便利でしたがすこし残念です。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 株主総会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です