隣の芝生は青く見える


本日は駅探(3646)がストップ高になりました。保有銘柄が上昇するのはありがたいですが、緩やかに上昇してもらった方が個人的には嬉しいです。本日は他人との比較について投稿します。

スポンサーリンク

昨日東京MXテレビの「5時に夢中」という番組を見ていました。コメンテーターの岩井 志麻子先生が「東京は何をやっているかわからない金持ちが多い。岡山では牛を沢山飼っているとか山をもっているとか田んぼをもっているなど、目に見える形で金持ちと分かる。東京はそれがなく金まわりの良い人が多いのが不思議」と仰っていました。目にみえるもので比較するのは楽ですが、目にみえないもので比較するのは難しいです。

「隣の芝生は青く見える」、英語のことわざ”The grass is always greener on the other side of the fence.”の和訳です。他人の何かを羨ましく思ったり、時に嫉妬したりすることの例えでよく使われます。確かに若い頃は、他人の車や住まいを比較して羨ましく思ったこともありました。他人の所有しているものや身につけているものについても昔ほど興味を持たなくなりました。シンプルで小ぎれいにすることは心掛けていますが、ブランド品や高価なモノには興味をなくしつつあります。

目に見えるもので比較するよりも目に見えないものの方が、楽しみがあります。英会話が出来たり、特殊な資格を持っていたり、料理上手や得意なスポーツがあるなどの、親しい関係にならないと分かりません。私が出来ないようなものを持っている方だと、羨ましいをこえて尊敬します。

目に見えないという点ではネットを利用したサービスもその一つです。ネットを利用した株取引やFX取引のような投資は、実際の店舗で取引するよりも手数料が安く便利なので利用しています。

労働収入以外に複数の収入源を持ちたいと思いこのブログも継続しています。ネットを利用したこれらのサービスは他人から羨ましく思われたり、嫉妬される危険性はありません。こちらから言わない限り知られる心配もありません。今後もネットを利用した収入源を増やしつつ、セミリタイヤ生活を実現に近づけていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です