日清食品の帰ってきた黒歴史トリオ


昨年末に「球根ガチャ」なるものが話題になりました。園芸品販売の国華園から事故で横転し品種が、ごちゃ混ぜになった訳ありチューリップ球根が苦肉の策で球根ガチャとして100個単位で売り出されました。オランダから輸入した大量にチューリップの球根が入ったコンテナが、事故により横転。さまざまな品種がごちゃ混ぜになってしまった。もはやどの球根がどの品種なのか、見た目での判別は不可能に。そこで国華園は緊急企画として、一般品種から高級品種まで「ごちゃ混ぜ」になった球根を格安で販売することにしました。SNSがきっかけで、チューリップの「訳あり球根」約50万球が完売しました。

スポンサーリンク

自虐的商法に目をつけたのかは不明ですが、日清食品から黒歴史トリオが2017年意地の再発売されました。http://www.cupnoodle.jp/blacktrio/

ブームにのって失敗すること、数知れず。攻めて迷走。焦って自滅。このトリオは、そんな日清の闇世界からやってきました。黒歴史だけど、食べてほしい。ネタだと思って、食べてほしい。お願いします、食べてください。

このように自らハードルを下げて商品を宣伝する手法を大手のメーカーが行うのは珍しいと思います。スーパーマーケットでたまたま見つけたこのトリオを、いつの間にか買物かごに入れていました。

サマーヌードル、どん兵衛だし天茶うどん、熱帯U.F.O.の黒歴史トリオ。食欲が減退しているこの時期にヌードルやうどんはきついので、熱帯U.F.O.を試しに食べてみました。やきそばは塩ベースで野菜を多めに入れて作ることが多く、カップ焼きそばを食べるのは何年ぶりでしょうか。学生の頃は日清食品のカップ焼きそばU.F.O.はよく食べました。関東ではペヤング焼きそばが人気なようですが。

2002年夏、前年に大ヒットした『カップヌードル 熱帯シーフードヌードル』を勝手にパクって誕生。パッタイやミーゴレンなどの”エスニック風焼そば” に慣れていない当時の人々には新しすぎた。今なら、このタイ風甘辛エスニック焼そばの魅力をわかっていただける……かも?

そこそこ美味しいですが、残念ながらネタだと思って食べる程度でまた購入したいとは思いませんでした。他のサイトでも実食した感想がいくつかありました。一番人気はどん兵衛だし天茶うどんが多く、私は2個購入させて頂きました。秋の食欲が戻る時期にゆっくりと食べてみたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 黒歴史 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です