ドル円は円高方向を目指しているが、株価は大きく崩れない


また相場がはじまりました。南アランドの利下げの影響で、ポジションを増やす必要が出てきました。じわりじわりとドル円は円高方向を目指していますが、大きく円高に振れるようなことはありません。本日は昨年と今年の為替レートの比較について投稿します。

スポンサーリンク

久しぶりにドル円のチャートを見て去年と今年を比較しています。昨年は120円前後ではじまり夏には100円割れまで円高に振れます。年末には118円辺りまで円安に戻りました。今年は118円辺りからはじまり、4月につけた108円台より円高方向へは振れていません。今までのところ昨年とは大きく異なり、下値108円上値114円のレンジ相場で推移しています。

高金利通貨の南アランド円やトルコリラ円も、今年の4月につけた安値を下回ることなく推移しています。ただ上値も限られていてトルコリラ円で32円、南アランド円で8.7円辺りを超えることは出来ていません。

このレンジ相場がどちらかに動く時をひたすら待って、とうとう7月も終わろうとしています。昨年の値動きが脳裏に残っているのか、大きく動くことが当然のように考えていました。

割安な時に購入したいと考えるのは皆同じです。大きく下落するまで地道に待っていましたが、南アランドの利下げで気長に待つ作戦はむずかしくなりました。

少しずつですがレンジ内で売買を行うことも、選択肢の一つとして考えてみたいと思います。あまり乗り気ではありませんが、仕方がありません。FXのドル円からはじめてみて、高金利通貨のトルコリラ円や南アランド円も安値で購入し、高値で売却するような方法も試してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です