高校野球と球児の坊主頭について

Pocket

本日の株価はレンジ内の下落でした。保有銘柄は決算内容で大きく上昇した銘柄のおかげで、前日比若干のプラスでした。保有銘柄の決算内容はまだ詳しくみていないので、何ともいえませんがほぼ想定内の感じです。本日は会社で話題になった「高校野球」について投稿します。

スポンサーリンク

関西では夏になればテレビやラジオで高校野球を中継していました。ネットがない時代だったので、皆がみていて、学校でも話題になるので、仕方なくみていることもありました。私が高校野球を熱心にみていた頃は学生の頃です。PL学園の清原、桑田がいた頃でそれ以降はあまり見なくなりました。

本日の昼食時に高校野球のニュースが流れていたので、昼休みに高校野球の話題になりました。正直私は高校野球にあまり興味がありません。「地元の○○高校が勝った」とか「○○高校は以前は強かった」などのよくある話題の後に、「高校球児はみんな坊主頭なのか」という話題になりました。

私が高校生の頃も野球部はみんな坊主頭でしたし、それがごく当たり前のこととして受け入れていました。今でも高校球児で真っ先に連想するのは坊主頭です。若い社員が投げかけた「高校球児はみんな坊主頭なのか」の問いに、年配の社員は不思議そうに「昔からそうだったので」と答える。的を得た答えになってないと思いながらも昼休みは終了。坊主頭の方が年長者に受けが良く、甲子園に出場する際の交通費や宿泊費、食費等を集めやすいメリットがあるのではと私は勝手に想像しています。

ちなみにネットで海外の画像検索で高校野球には、坊主頭は一切ありませんでした。海外の方が日本の高校野球をみたらどのように感じるのでしょうか。日本のすばらしい技術や伝統を外国人が絶賛するテレビ番組のようなつくりで、日本の高校野球について取り上げてもらいたいものです。高校野球の伝統をメインにした内容で、坊主頭についてどう感じているのかを素直に聞いてみたいものです。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です