10年以上保有しているヘリオステクノホールディング


相変わらずの株価はもみ合いでネタに困ります。FXの高金利通貨もじわりじわりと下値トライしていますが、大きく下落することはありません。このまま年末まで何事もなく過ぎる可能性よりも、大きく下落する可能性を考えておいた方が、無難です。本日は保有銘柄のヘリオステクノホールディングについて投稿します。

スポンサーリンク

2005年7月の立会外分売で購入できた銘柄です。購入した時の社名は「フェニックス電機」で、株主優待もありました。まだ株主優待目的で株を購入していた時期だったので、事業内容や業績などあまり気にせず銘柄を増やしていました。今思えば恐ろしいと思いますが…。

月足のチャートを見ていただければわかりますが、典型的な高値掴みをしてしましました。購入して間もなく含み損になりました。いつかは値を戻すと楽観的に考えていましたが、含み損は増えるばかりで反転する気配はありません。500を切った辺りから株価をみるのも嫌になりました。優待廃止、無配転落、リーマンショックでさらに下落とお先真っ暗の状態でした。

そんな中でも売却せず今まで保有しているのは、株主総会での議決権行使した株主に対し500円のクオカードを提供している為です。含み損が毎年のクオカードで相殺されることは当分ないですが、株主のことを考えての対応と勝手に解釈してします。

無配から復配、増配と徐々に業績も回復し、株価も反転しつつあります。昨年追加で購入した100株は含み益になっています。本日大引け後に決算発表がありました。18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は2億円の赤字(前年同期は8.1億円の黒字)に転落した。週明けは大きく下落すると思いますが、不死鳥のようにいつの日か、最初に購入した買値になると気長に待ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 個別銘柄 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です