立会外分売で購入できたカナミックネットワーク

Pocket

はじめて購入したETFの収益分配金が振込されていました。NEXT FUNDS日経平均高配当株50指数連動型上場投信で3口購入。1口あたりの収益分配金は62円なので、186円から税金を引かれた金額149円が振込されていた金額です。年4回収益分配金があります。今年度の利回りはまだ微々たるものですが、来年以降どのようになるか気になります。今回は先日購入できたカナミックネットワークについて投稿します。

スポンサーリンク

最近の立会外分売は割引率が低く、購入したい銘柄もあまりありませんでした。8月に入って最初の立会外分売でカナミックネットワークと弁護士ドットコムの申込受付がありました。カナミックネットワークの割引率は2.97%、予定枚数400,000、申込上限200で、弁護士ドットコムの割引率は1.96%、予定枚数200,000、申込上限6000でした。

どちらも東証マザーズ上場でカナミックネットワークは配当を出しており、SBI証券の貸株金利は0.5%でした。申込するならカナミックネットワークと決めどのような会社なのか調べてみました。

医療・介護分野に特化したクラウドサービスが収益柱でネット広告も手掛ける。自治体や医師会向けにクラウドのタイムライン機能を無料提供、高機能の有料版へ移行を促す。売上は年々順調に伸びており、東証マザーズ上場では珍しく配当ありです。申込上限200は株主数増加を狙っていて、市場の鞍替えを予定していると思われます。

SBI証券で200株申込。あまり期待するとはずれた時のショックが大きくなるので、あまり考えないようにして出勤しました。自宅でメールチェックするまで100株約定したことに気がつきませんでした。

前回立会外分売で購入できたあんしん保証の株価は低迷しているので、今回は大化けを期待したいところです。大きく下げれば買い増しも検討しますが、おそらくそのようなチャンスはないと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です