世の中にあふれる「萌え絵」に生理的嫌悪感を持つ人たち


本日はネットで話題になった「萌え絵」に生理的嫌悪感を持つ人たちについて投稿します。

漫画や絵画の絵柄は、好き嫌いが分かれる。
作者の個性が如実に反映されるし、クセが強いのに多くのファンを魅了する絵を描く人もいれば、万人に浅く広く支持されるような絵柄が得意な人もある。
作風とは個性。それぞれに違った良さがある。

とは言え、一部の人々から、なかなか理解されない絵柄もある。 それが今回テーマに掲げる、「萌え絵」だ。

スポンサーリンク

先日「ガールズちゃんねる」に「世の中に萌え絵が溢れすぎてませんか?」というなかなか気持ちいいほど直球なタイトルのトピックが登場した。投稿者の意図するところはこうだ。

「当たり前のように企業や自治体とコラボしたり、ポルノまがいのゲームのCMも流したり、頭が痛くなる」

ただ、「個人でヒソヒソ楽しむ分には許容できる」とも言っている。要するに、公の目に触れる場所で、萌え絵が幅を利かせているのが許せないってことのようだ。

ガールズちゃんねるとは、株式会社ジェイスクエアードが運営する匿名掲示板で、女性向けのコミュニティサイトです。トピックを立てた人物への賛同意見が多いようです。確かに溢れすぎているという思いは私にもあります。

(中略)

確かに萌え絵は、他に目にする絵柄より性的な雰囲気なものが多い気がする。
こっちが求めてないのにそういう絵が目に入るのは喜ばしいことではないし、公的な空間にそぐわないって気持ちもわからなくもない。

正直なところ僕も萌え絵は苦手だし、好きか嫌いかでいうと嫌いではある。
ただ、それでも世の中に萌え絵が溢れているのは需要があるからだし、企業も自治体も、その需要を利用してなんとか良い結果を出そうと模索しているわけなので、それを無思慮に否定するのは、僕はちょっと勝手だと思う。

仰る通りだと思います。ただ「世の中に萌え絵が溢れているのは需要があるから」といっても、一部の人には不快と感じているので公の目に触れる場所では注意が必要です。

「観光でお城とか行くと、こういう絵が溢れてるんだよね。町おこしで取り入れるんだろうけど、せっかく歴史があるところも安っぽくなるよ」
って声があったけど、この手の苦言って、仮に絵柄が変更されたとして、苦言を言った人達がその変更後のサービスにお金を投じるかどうかは未知数だ。

だったら、苦言ばかりで投資してくれるかもわからない人より、最初から萌え絵が好きで金を出す層をターゲットにサービスを施す方が効率的だろう。
絵に誘われてやってきた観光客がお金を落とし、経済を活性化させている事例は多々ある。
要するに、個人の「見てて苦痛だから排斥しろ!」がどこまで通るかって話だ。

結局口を出すより金を出す層をターゲットにした方が、効率的なのは理解できます。ただこれだけ萌え絵が溢れている現状ではいずれ飽きられると思います。

http://www.quick.co.jp/page/irroid_screening.html?phase=prologue

株式にも上記のサイトのような萌え絵を扱ったサイトがあります。一部の銘柄はキャラクターにもなっています。私の保有している銘柄でキャラクターになっているのは、マーベラス(7844)とアートネイチャー(7823)でした。萌え絵に需要があるのであれば、上記のようなサイトを通して株式投資に興味を持つ人もいるかも知れません。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です