ネット銀行に慣れてくると通帳ありの銀行は不便に感じる

Pocket

配当金の振込を通帳で確認していた頃は、面倒と思いながら記帳していました。今はネットで入金確認ができるので、記帳するのは買物や外出のついでに行います。給与振込口座は銀行指定されているので、仕方なく利用しています。給与振込とクレジット引き落とし以外のサービスは、ほとんど利用していません。クレジットカード機能付きのキャッシュカードを作りましたが、他のクレジットカードよりポイントが貯まらないので利用はしなくなりました。

スポンサーリンク

あと気になるメールが届きました。

9月4日(月)にも電子メールでご連絡いたしました通り、最近、当社のシステム管理部門やカスタマーセンター等の社員を名乗る者が、インターネットバンキング(マイゲート)のワンタイムパスワードを電話で聞き出し、不正操作により資金を送金しようとする「騙り詐欺」が発生しています。当社社員等がワンタイムパスワードをお尋ねするようなことは絶対にありません。
そのような電話にはくれぐれも、ご注意願います。

インターネットバンキングと言いながら、電話でパスワードを聞いてくるとはおかしな話です。ネットで残高や入金確認をできるメリットはありますが、この銀行のシステムを利用してネットからの送金は行ったことがありません。手続きが面倒で多くの書類が郵送されてきて見るのが面倒になりました。必要最低限の機能だけ利用するようにしています。

あとこの銀行のクレジットカードを申し込んだ後に、登録したメールアドレスに迷惑メールがくるようになりました。メールアドレスは複数に分けていて、会員登録を行ったアドレスは新たに登録しないようにしています。今でも登録したアドレスには週末に数通の迷惑メールが届きます。

騙り詐欺と迷惑メールなどメインではあまり利用したくなくなる銀行です。個人情報保護など全く機能していないような印象を受けます。ネット銀行で利用している新生銀行や住信SBIネット銀行からは、一度もこのようなメールを頂いたことはありません。

利用したいサービスやATM利用についてもネット銀行の方が使い勝手が良く、通帳ありの銀行はいつも混んでいて不便を感じます。通帳がないことに不安を感じるという人も多いかもしれませんが、長い目でみると通帳を利用する人が少数派になるように感じます。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です