動かぬ個人資産1800兆円 投機か預金 育たぬ投資家に対する投稿をみて


台風一過となった関東では気温が急上昇しています。2日間出来なかった買物、洗濯、掃除を一気に済ませました。以前から気になっていた黒ずんだカビを除去出来て気分爽快です。本日はネットの記事「動かぬ個人資産1800兆円投機か預金育たぬ投資家」に対するみなさんの書き込みを投稿します。

スポンサーリンク

スマートフォンの画面に表示されていた金額は9ケタだった。
都内のIT企業に勤める34歳の男性会社員は3年半前、保有していた株と不動産を売却し800万円を仮想通貨につぎ込んだ。「ビットコイン」と「イーサリアム」の時価は昨年後半から急上昇し今年5月には保有額が3億円を超えた。
40倍もの値上がりだ。ビットコインの分裂騒動で6月以降に相場が下がったが、再び買いに転じる機会をうかがう。(以下略)

投機で億円単位を稼いでいる方がいる一方で、預金する方も増えてるとの内容です。年金が減っていく一方ですから何らかの形で資産作る必要があります。銀行の金利は0.01%で預金しているだけでは、今後ジリ貧になると思い私はFXと株式をはじめました。銀行の金利が今後上昇すれば預金の選択肢もありますが、その可能性はかなり低いと思います。

ビットコインに代表される仮想通貨取引は、キャピタルゲイン目的で投資というよりも投機に近いような気がします。40倍も値上がりするようなリスクの高い取引は当然逆も起こりえます。人それぞれですが私は、ハイリスクハイリターンのような取引には向いていません。

過去にFXでポンド円を取引したことがあります。スワップポイントが今よりも多くあり、値動きが大きいので数日で多くの利益が発生しました。調子にのって取引を続けると、今度は多くの損失が発生。しばらく含み損で憂鬱な日々が続きました。なんとか利益を出せましたが、あの時の嫌な思い出は忘れることなく、今の取引にも少なからず影響がある様に思えます。

日本の教育は労働者になるためのものであって
資本家になるためのものではない
という事実に気づくのが子供の時か大人になってからか
この差はかなり大きい

これはその通りだと思います。ただ私が子どもの頃は今のようなネット証券がなく、証券会社で口座を作り電話で注文するような状況でした。株価もバブル崩壊で下落し続ける状況で、とても株を購入したいとは思いませんでした。

いつか株価が下げ止まれば購入したいという思いはずっと抱いていました。ネットで気軽に株が購入でき、銀行の金利よりも高い利回りを自分で作っていくのが面白く、今は株式投資を楽しみながら行っています。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です