トイザらス破綻のニュースで思い出されること


本日の株価は昨日と比較すると力強さにかける推移でした。保有銘柄のアールシーコア(7837)が立会外分売を実施するそうで、ディスカウント率は3.00%の1115と買値よりは割高ですが申込する予定です。本日はニュースにもなったトイザらス破綻について投稿します。

スポンサーリンク

このニュースを聞いて最初の印象は、「遅かれ早かれこうなることは避けられない」と思いました。店舗販売はいずれネット販売に追い越されると考えていたので、驚くことはなく来るべき時がきた感じです。ただ日本トイザらスは通常通り営業を続けるようで、広報担当者は「直接的な影響はない」語っています。店舗は縮小していると思いきや、10月に東北と関西に新規出店するようです。

日本トイザらスはかつてジャスダック市場に上場していました。2000年4月に上場して、2010年2月に上場廃止になっています。カテゴリー一覧が優待関係とあるのは、私はかつて優待目当てで日本トイザらスを保有していた時期がありました。

日本トイザらスの優待券で購入したのはPSPでした。当時はまだ投資よりもゲームの方に多くの時間を割いていました。今でもPSPはありますが電源をいれることは年に数回程度です。このゲーム機を手に入れる為に費やした金額を考えると、今でもやりきれない思いです。

2005年に1739で購入して、2009年に583で売却しました。情けないことに10万以上の損失確定でした。今思えば株主優待のことばかり考えていたので、明らかな分析不足での損失です。当時は自分の至らなさを棚に上げ、「株で儲けることは素人には無理と」自暴自棄になることもありました。

この頃から優待株から配当株へ少しずつ銘柄を入れ替えました。ネットで気になる情報を集めつつ、多くの銘柄を少しずつ分散して購入することに徹しました。購入した銘柄の値動きは毎日確認して、購入時期は正しかったのかを分析し後の取引に活かします。失敗を次の取引に活かせるようになれば、以前のようなことは少なくなると考えています。

スポンサーリンク

カテゴリー: 優待関係 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です