高配当銘柄に投資するETFを増やしてみたい

Pocket

本日は文化の日の祝日です。天候も良く室内の清掃を念入りに行いました。保有銘柄で唯一のETFが1489(NEXT FUNDS)日経平均高配当株50指数連動型ETFになります。11月2日に年初来高値となる40100をつけました。年初来安値33200で買値が33300と割安なレンジで購入できました。本日はETFについて投稿したいと思います。

スポンサーリンク

ETF(上場投資信託)には以前から興味はありました。ある有名な投資家も「素人は投資信託で運用した方が利益を出しやすい」と仰っております。今まで購入を躊躇っていたのは種類が多く、年間の利回りがどの程度になるのか把握するのが難しい為です。現物の株式であればある程度年間の利回りは把握できます。

種類が多いのは選択肢が増えるメリットもありますが、新しいETFが次々と上場され他のETFと比較検討する時間がありませんでした。個別銘柄を購入する資金の余裕しかなく、ETF購入は後回しになりました。証券会社が勧める投資信託には手数料が高く魅力的ではありません。そんな中で目に留まったのが「高配当株50指数」に連動するETFでした。

ETFの魅力は分散投資されており、最低購入代金も現物株式よりもリーズナブルです。ただあまり話題になることは少なく、運用する会社も利益にならないのかあまり積極的に紹介されることもないように思えます。カブドットコム証券では手数料が無料となるフリーETFもありますが、購入したいETFがありません。

現在保有しているETFは売却せず、年間でどの程度の利回りになるのかを記録しておき、今後購入を検討しているETFと比較してみたいと考えています。日本株で高配当銘柄に分散投資されるようなETFだけを選び、割安な局面になるまでひたすらチャンスを待ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です