パンチ工業株式分割発表


日経平均は下落しました。相場の転換点になるのかはもう少し様子をみる必要があります。日経VI(日経恐怖指数)20割れの19.97でした。本日の決算発表で株式分割と増配を発表したパンチ工業(6165)について投稿します。

スポンサーリンク

パンチ工業は2013年2月に購入しました。購入時は東証二部上場でしたが、2014年3月に東証一部へ市場変更しました。2016年の配当利回りは4.80%でした。購入した理由は配当利回りが高く、名前にインパクトがあったことだったと思います。一度株主総会へも出席したこともあります。取締役の方々の会社を知ってもらおうとする熱意が強すぎたのか、質疑応答で質問がゼロだった時の落胆した様子は今でも覚えています。そんなパンチ工業が株式分割を発表しました。

2017年12月31日(日)を基準日(当日は株主名簿管理人の休業日につき、実質的には2017年12月29日(金))として、同日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式1株につき2株の割合をもって分割いたします。

年内に分割されるようで今年8銘柄目の株式分割となります。会社のホームページの株主・投資家の皆様のためより「1.企業価値の向上 社会から信頼される企業であるため、健全・効率的な事業活動、透明性のある企業経営を行い、会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に努め、株主の皆様への適正な利益還元を目指します。」とあります。

期末配当予想を従来予想の13円50銭から分割後8円75銭に修正し、実質増額修正したことで今後の株主還元も期待できそうです。まだまだ成長余力も増配余地も残っている銘柄なので、しばらくはホールドを続けます。

スポンサーリンク

カテゴリー: 個別銘柄 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です