年初来安値更新のトルコリラ円 反発なくじりじり下げる通貨

Pocket

昨日申込んだ立会外分売の山田コンサルティンググループ(4792)は失効しました。下落するようであれば購入も検討しましたが、本日も年初来高値更新という強い値動きでした。今回はご縁がなかったということで、割安になるまでしばらく様子見させていただきます。株価は堅調に推移していますが、FXには残念なポジションがあります。

スポンサーリンク

何度も投稿していますトルコリラ円です。つい先日29.1が約定したと思った矢先に、年初来安値更新とはポジションを持つのが嫌になります。同じ高金利通貨の南アランド円はそこまで下落することはありませんでした。トルコリラ円を新しく取り扱った業者も多いので、トルコリラ円のロングポジションをを保有されている方は、決済していなければ私と同じように含み損の状態にあると思います。

じりじり下値を切り下げていくトルコリラ円では、スワップポイント以上の含み損が解消せず残っている状況です。いままでいろいろな通貨を取引してきましたが、ここまで下落し続ける通貨ははじめてです。不幸中の幸いなのか保有しているロングポジションは、南アランド円より少ないですが、含み損は保有通貨の中で突出しています。

年内はトルコリラ円を購入することはせず、含み損のポジションを決済して平均買値をさげておくことにします。FXの醍醐味は毎日のスワップポイントで含み損に耐えて、含み損が含み益に変わる瞬間です。今まではこの方法でやり過ごせてきました。

このままトルコリラ円を保有していても、含み損が含み益に変わる瞬間は永遠に来ないように感じます。すべてのトルコリラ円のポジションを決済すれば、この含み損から解放されます。ただ他に購入してみたい通貨ペアがないので、少しずつロングポジションを減らしつつ、可能性の低い逆転を信じてみたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です