休日の「外出離れ」顕著にの投稿を見て

Pocket

昨日はこたつでうたうたしていると寝落ちしていました。本日が勤労感謝の日の祝日で相場がなく緊張感が切れたのか、仕事の疲れが溜まって体が休息を求めているのか分かりませんが、体調はあまりよくありません。「買物に行こう」とか「スーパー銭湯でリラックスしよう」と頭では考えていても、いざ行動するとなると面倒で諦めてしまいます。そんな中に読んだネットの記事について投稿します。

スポンサーリンク

2015年の20代男性の1日の平均移動回数は平日で1.91回、休日で1.24回と、1987年の2.98回、2.31回と比べ大幅に減っていることが21日、国土交通省が発表した全国都市交通特性調査結果で分かった。(中略)
移動回数は、自宅などから一度も外出しなければ0回、自宅と目的地などを往復すれば2回、途中に立ち寄った場所があれば3回といった方法で数えた。15年の全体の移動回数の平均は平日2.17回、休日1.68回。20代女性の平均は平日2.01回、休日1.61回だった。
調査日に一度でも外出した人の割合を示す「外出率」を見ても、全体の平均が平日80.9%、休日59.9%だったのに対し、20代男性は平日81.2%、休日51.1%と、特に休日は外出しない傾向が顕著に見られた。

本日のように休日でも外出しない傾向は、20代でない私にも当てはまります。外出時は立ち寄る場所が複数ある場合がほとどです。

投稿された意見で多かったのが「若者はお金がないので外出できない」とか「仕事で疲れているのに休日ぐらいは自宅でゆっくりしたい」といった意見で、記事にあったインターネットやスマートフォンの普及、宅配便の取扱数の増加などで、外出しない若者が増えているという点には懐疑的な意見もありました。

店舗まで行っても欲しい商品を探す手間やない場合を考えると、ネット販売にメリットを感じる方が多いのも当然です。好奇心の問題を取りあげた方もいて、「昔は情報が少なく、好奇心を満たすには外に出ていくしかなかったが、今は自分の行動範囲よりもネットの世界の方が圧倒的に広い」と若者が広い世界を嗜好するのは自然なこととの投稿もありました。

外出して人混みや渋滞で余計なストレスをためるよりも、自宅の掃除でもして気分をリフレッシュするような休日の方が私には有意義かも知れません。

スポンサーリンク

 

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です