11月のポートフォリオ


11月も終了です。JT(2914)から来年のカレンダーをいただきました。昨日後場じりじり下げる展開だったJT、本日は安くはじまると期待していましたが、予想以上に堅調に推移しました。権利取りまでまだチャンスはあるので、指値注文は継続しておきます。

スポンサーリンク

http://woodbook.kir.jp/pf/userpf.php?usid=@onomakoto

↑上記リンクに保有株一覧があります。

2428 ウェルネット 追加購入

2178 トライステージ 追加購入

3548 バロックジャパンリミテッド 新規購入

2651 ローソン 新規購入

3741 セック 立会外分売で購入

9788 ナック 売却

ウェルネットは6月に購入しましたが、株価は下落を続けたので再度購入して平均買値を下げます。トライステージは株式分割で200株から800株に増えました。決算延期で株価が下落しました。配当利回りでは他の銘柄よりも魅力的だったので、追加で200株購入しました。両銘柄ともGMOクリック証券で購入です。

バロックジャパンリミテッドは配当利回り4%を超えたレンジで松井証券で購入。9月14日より貸株注意喚起銘柄になっているので、逆日歩は毎日発生しており預株扱いには最適な銘柄となりました。

ローソンはSBI証券で購入。年初来安値付近で株価が推移しており、配当利回りも3%以上あったので購入しました。SBI証券で保有している銘柄は、貸株金利0.1%でも毎日1円以上入金がある銘柄は貸株に設定します。約37万円以上が一応の目安です。SBI証券にはそのような銘柄か貸株金利の高い銘柄へ、徐々にシフトしていく予定です。その過程で含み損のナックは売却しました。

セックは以前から興味のあった銘柄です。会社HPの採用コンセプトの最初には

「面白いことをやろう、誰も成し遂げていないことをやろう。」1970年。そんなフロンティア・スピリットを持つ、コンピュータ好きの大学院生3人が集まって、セックは生まれました。
セックという社名は、『Systems Engineering Consultants Co., LTD.』の頭文字をとったもの。
そこには、システム工学のプロフェッショナルを目指すというビジョン、そして、「一瞬(SEC)を追求する」という決意が込められています。

(中略)

ソフトウェアで世界を変えたい、社長になりたい、歴史に名を残したい。大いに結構。
自分の仕事に誇りを持ち、年齢を重ねるにつれて可能性を狭めるのではなく、広げていくような人生を送っていただきたいと思います。

設立されたのが私が生まれた年と同じです。「システム工学のプロフェッショナルを目指す」というだけあって、社員はプロの技術者集団だそうです。一度は株主総会へ出席してみたいと考えています。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 日本株式ポートフォリオ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です