南アランド円わずか3日で急上昇

Pocket

本日夜中南アフリカ与党ANC代表選の結果が発表されました。ズマ大統領の後継者となる新議長(党首)に、ラマポーザ副大統領が選出されました。発表直後の南アランド円は8.9を超える上昇になりましたが、その後8.8前後に押し戻されて推移しています。

スポンサーリンク

南ア・ランド(ZAR)は上昇した。南ア与党・アフリカ民族会議(ANC)の新代表に、ラマポーザ副大統領が選出されたことが好感された。NY勢の参入時に12.92ZAR付近だったドルZARは12.5336ZARまでZAR買い・ドル売りとなった。ZAR円も8.70円で下支えされ、3月24日の高値に並ぶ8.97円まで買われた。その後は、流動性が薄くなるなかでの利食い売りに、ドルZARは12.77ZAR前後、ZAR円が8.82円付近まで押し戻されている。

勢いはありましたが、南アランド円が9.00を超えることはありませんでした。セントラル短資FXで8.989の指値売り注文は約定しませんでした。高値は8.963だったのでもう少し控えめの注文なら約定していたかもしれません。

南アランド円の60分足をみると、高値をつけた辺りに下ヒゲがやや長い十字線が現れています。以前にも投稿しましたが、相場の流れが変わる予兆とされます。ただ今のところ大きく下落する気配はなく、8.8前後を推移しています。

保有している南アランド円はもう少し売却を考えています。9.0を超えればすべてのポジションが含み益になりますが、年内に超えるかどうかは微妙です。本日は大きく下落することなく推移しているので、もう一日様子をみてみたいと考えています。年内になるべく高値で売却できるように、焦らず慎重に売値を検討してみたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です