トライステージ業績・配当修正を発表

Pocket

今週も終わり残り1週間で今年も終了です。毎年この時期はあまり取引を行わず年明けを迎えていましたが、今年はちょっと違っているようです。FXでは毎日のようにFX口座へログインして値動きをチェックしています。南アランド円の指値注文は約定しませんでした。8.9の後半にいくつかの指値がありますが、未約定なら来週に持ち越し予定です。

スポンサーリンク

株式にも本日は1銘柄約定がありました。Casa(7196)が2146で約定しました。本日の安値が年初来安値+10の2123でした。最初に指値を決める際の値段が、年初来安値+10の2123だったので印象に残っていました。少し悔しい気持ちはありますが仕方がありません。

もう一つ保有銘柄のトライステージ(2178)が本日業績・配当修正を発表しました。表題の「配当予想の修正、役員報酬の減額」を見て嫌な予感はしました。18年2月期の連結最終損益を従来予想の6億円の黒字から1億3000万円の赤字(前期は7億6100万円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなりました。

業績悪化に伴い、期末一括配当を従来計画の22.5円から10円(前期は1→4の株式分割前で90円)に大幅減額修正しました。11月に200株追加で購入した後にこの仕打ちです。普通なら配当減額で売却の選択肢を選ぶことが多いですが、今回はちょっと迷います。

東証マザーズ上場で成長余力はまだあると考えています。今年は株式分割を行っているので最悪一部を売却することもできる。2月の権利取りが近いので全て売却することはありません。最終損益の赤字が一過性なのか、配当の減額修正は今回だけで済むのかなどの不安はあります。週明けは大幅な下落になると思います。ただこれまで高配当で還元して頂いた実績があるので、あと1年位ならいくつかを保有しても良いと考えています。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です