高金利通貨一斉に下落


日経平均は今年初の下落となりました。大発会から昨日までのご祝儀相場も終了といったところでしょうか。決算発表がそろそろはじまります。本日も保有銘柄でいくつか決算発表がありました。悪い内容でなければさっと目を通すだけですが。あと毎週水曜日にSBI証券の貸株金利の変更が発表され、トライステージ(2178)の貸株金利が0.5%から2%に変更されます。

スポンサーリンク

SBI証券で保有している銘柄には、貸株金利を考慮して購入した銘柄もあります。貸株金利の変更は日々の受取額に直結するので、今回の金利変更は良い内容でほっとしています。ただFXの方は悪い方へチャートが大きく動いています。

前日の海外市場で、日銀が目先「異次元緩和」を縮小するとの観測が広がり、足元は円金利が上昇し円買いに振れやすい地合いとなりました。米ドル円が一日で1円以上円高へ振れている状況です。当然クロス円にも影響があります。

最も多く保有している南アランド円が、9.00を割れて推移しています。年末年始の上昇で9.00を固めてくると思いきや、本日あっさりと9.00割れで今後の値動き次第ではさらに下落する可能性もあります。南アランド円5分足のチャートを見ると、9.00を境に下落幅は大きくなっているように感じます。

このレンジからさらに大きく下落するとは考えにくいですが、9.00を下回るレンジで推移するのであればしばらく様子見します。今年南アランド円の売却指値は、9.15と9.18でした。ポジションを減らしたい気持ちもありますが、安売りするつもりはありません。1月は南アランド円9.18を超えるレンジであれば売却、そうでなければ様子見で臨みたいと考えています。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です