決算発表後の値動きについて

Pocket

勤務先への通勤は自動車を利用しています。毎日決まったルートなので、自動運転関連のニュースを見るたびに、実用化して欲しいと心底思います。米ゼネラルモーターズ(GM)は、ハンドルもブレーキペダルもない自動運転車を2019年に商用化する予定だそうです。車に乗るだけで目的地に到着できるような未来が、日本で実現できるのかはわかりませんが。

スポンサーリンク

昨年から株価が大きく調整することが少なく、株式を購入する機会を逃しているように感じます。配当利回りが魅力的な水準まで調整する可能性は、余程のことがない限り期待薄かもしれません。ただ個別の株については、決算発表で大きく調整する場面はたびたび見受けられます。増配を続け、中長期で有望と思われる銘柄を購入する機会は、そのような時でないと難しいと思われます。

以前から監視していた銘柄クリーク・アンド・リバー社(4763)が、1月12日昼(12:00)に決算を発表しました。映像・ゲーム分野の人材派遣と制作が主力のサービス業です。私的にはそれほど悪い内容とは思えませんでしたが、株価は12日後場に急落しました。安値1088、終値1098前日比-111(-9.18%)と大幅安で引けました。

年初から指値1122で買い注文を出していましたが、12日後場12時39分に1104で約定しました。安く購入できたので悪い気分ではありません。週明け以降も調整局面が続くようであれば、追加で購入することも検討しています。現状の配当利回りは0.91%で魅力に欠けますが、増配を続けているので中長期で保有してみたい銘柄です。

2月権利確定銘柄で、SBI証券の貸株料率が0.5%だったことも購入動機です。まだまだ成長余力と増配余地はあると考えているので、週明け以降の株価動向が気になります。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です