保有銘柄合計利回りベスト30 後編


ドル円が円高方向へ推移しています。昨年の107.32を超える円高になれば、日本株にも多少影響があるかも知れません。調整局面があるなら3月権利取り銘柄を狙いたいところです。本日は合計利回りベスト30の15位から1位までを投稿します。

スポンサーリンク

  • 15位 7.31% 7.20% 9769 学究社 SBI
  • 14位 7.42% 7.42% 7510 たけびし 松井
  • 13位 7.61% 7.61% 8096 兼松エレクトロニクス SBI
  • 12位 7.65% 7.65% 5015 ビーピー・カストロール SBI
  • 11位 8.01% 8.01% 5015 ビーピー・カストロール SMBC日興

貸株料が発生したのは15位の学究社のみです。昨年3月に貸株金利が0.5%から0.1%に変更されたので、現在は貸株から外しています。

  • 10位 8.03% 8.03% 3800 ユニリタ SBI
  • 9位 8.07% 4.10% 7844 マーベラス SBI
  • 8位 8.62% 8.61% 7823 アートネイチャー 松井
  • 7位 9.46% 9.45% 3167 TOKAIホールディングス 松井
  • 6位 9.97% 9.97% 4658 日本空調サービス マネックス

9位のマーベラスが大きく順位を上げてベスト10以内にランクインしました。年間の配当金額には及ばないまでも、それに近い貸株料が利回りを上げています。

  • 5位 10.03% 5.01% 2462 ライク 松井
  • 4位 10.43% 10.40% 9622 スペース 松井
  • 3位 11.49% 8.00% 2178 トライステージ SBI
  • 2位 12.70% 12.35% 9381 エーアイテイー SBI
  • 1位 35.13% 12.56% 2170 リンクアンドモチベーション 松井

ベスト5は利回り10%以上の銘柄が占めました。5位のライクは配当額と同額の預株料で順位を上げました。昨年9月の貸株金利変更(2%から0.5%)がなければ、3位のトライステージはもう少し上位を狙えたかもしれません。1位は配当利回り順位と同じくリンクアンドモチベーションでした。貸株・預株で最も受取額が多い銘柄で、利回りは35.13%と他の銘柄を圧倒、テンバガーの方に注目が集まりますが利回りも伊達じゃないといったところでしょうか。

昨年から貸株・預株の受取額を銘柄ごとに記録し、なかなか興味深い結果になりました。配当利回り重視に変化はありません。ただ、銘柄によっては貸株料率を確認し、新たに購入する選択肢が増えたことは収穫でした。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 日本株式ポートフォリオ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です