仮想通貨の大幅下落が株式相場にどの程度影響するのか

Pocket

2018年1月16日から17日にかけて、ビットコインなどほとんどの仮想通貨が大幅に下落しました。FXのように少ない資金でも大きな取引ができるレバレッジをかけた場合、今回の大幅下落で強制ロスカットされた方も多いと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨に興味はありますが、取引したいとは思いません。値動きが激しすぎて冷静な判断で取引する自信がない点、24時間365日休みなく取引され休む時間がない点、多くの仮想通貨が乱立して違いがよく分からない点などが、取引したくない主な理由です。

取引はしなくても値動きはチェックしています。昨年は仮想通貨の話題でもちきりでした。テレビのニュース番組で取り上げられたり、TVCMをはじめた仮想通貨取引業者もありました。株やFXをしたことがないような投資初心者に、「みんながやっている」とか「だれでも儲かる」ような安易な発想で、いきなり仮想通貨取引を勧めるのはいかがなものかと思います。

アグレッシブにハイリターンを期待するという点で、新興市場を好む投資家の一部が仮想通貨に流れているとの見方が強く、仮想通貨の下げが続いた場合、新興市場銘柄が手じまい売りに押されるとの警戒が強まる。

昨年のFX取引も値幅が小さくアグレッシブにハイリターンを期待する方には、FXよりも仮想通貨取引の方が魅力的であったように思います。

今回の仮想通貨大幅下落で強制ロスカットされた方の中には、証拠金がマイナスになっている方もいる模様で、数日以内にマイナス分を入金する必要があります。今週から来週初め辺りに、新興市場の銘柄には一時急落するような場面があるかも知れません。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です