2017年度の確定申告書作成終了


本日はスーパー銭湯でゆっくりしようと思いましたが、確定申告書の作成があったのでそちらを優先しました。書類はすべて揃えてあったので、ひたすら入力する作業です。音楽を聴きながらおよそ4時間で終了しました。

スポンサーリンク

ペーパーレス化といいながらも、毎年書面で提出しています。e-Taxの利用も考えましたが、マイナンバーカードやICカードリーダライタの事前準備が面倒で諦めました。頂き物のA4用紙の在庫が多くあり、あまり利用しないプリンターを使う機会と考え、印刷した書類を持参します。

毎年一番時間を要すのが配当金の入力です。束になった配当金計算書を少しずつ入力していきます。例年と異なるのはETFの分配金の入力が増えたことぐらいでしょうか。最初の頃はとても苦労しましたが、毎年繰り返しの作業なので今はそれほど苦になりません。入力システムも年々僅かですが改善されているように思えます。

今年の入力で一番改善されていたのが、ふるさと納税の項目でした。都道府県を選ぶと市町村を入力する際に一覧が表示されるようになっていました。その一覧から納税した自治体を選ぶと、住所が自動に入力される仕様に大きく改善していました。ふるさと納税を利用された方が多くいたので、入力システムもそれに対応したのでしょうか。

配当控除のおかげで今年は僅かですが還付金を頂けそうです。提出は2月中頃になると思いますが、いずれすることになることは時間に余裕がある時に済ませます。相場が急変するような時期になれば、時間はないよりあった方が有利です。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です