体調管理は投資を行う以前の問題


本日は1月末の権利落ち日となります。バロックジャパンリミテッド(3548)は、昼休みに株価をチェックして前場高値1028でした。指値売却1033で注文を出し約定しました。高値は1050だったので思った以上に反発した印象です。あとゼンリン(9474)が、3月31日を基準日として1:1.5の株式分割を発表しました。今週は決算発表が続くので、購入したい銘柄の株価の動きを注視しておきたいと思います。本日は体調管理について投稿します。

スポンサーリンク

インフルエンザが大流行しています。昨年はそうでもなかったのですが、今年はかなりの危険度となっています。まずは家族がかかると十中八九かかるようです。医者に言わせると検査をしても8割の人しか判別できないとのこと。あとの2割はかかっていてもインフルとは判定できないという結果もあるそうで、いわゆる隠れインフルもいる可能性があります。

まずはかからないように手を洗うことが第一。寒い季節ですがこまめに手洗い、うがいも一緒に行います。あとは人ごみに行かないこと、湿度を保つことなどを心がけています。最後に睡眠と栄養のある食事で免疫力を上げるよう心がけています。

健康管理を気にしても年間に2~3日ぐらいは体調不良で欠勤することもあります。加齢と共に季節の変わり目は、体調を崩しやすくなりました。病気は仕方ないという方もいますが、自己管理の良し悪しでその後の経過は大きく変化すると思います。

中長期投資といっても日々確認することがいろいろとあります。体調を崩すとそれらの作業に支障をきたします。決算発表が続くような時はなおさらです。そのような時に体調不良で集中できなければ、大きなチャンスを見逃す可能性も出てきます。

皆さんご自愛を。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です