年初来安値更新で購入できた銘柄


日経平均は昨日の上昇前の水準まで下落しました。その他の国内指標も下落が目立ちますが、保有銘柄はシステナ(2317)のストップ高やネットワンシステムズ(7518)の大幅続伸のおかげで、前日比プラスで終えることができました。ドル円は終日109円台で円安ドル高方向へ推移しています。仮想通貨は大きく売り込まれています。マイナス10%~20%の値動きでは恐ろしくて、もう少し値動きが安定すれば取引しても面白いかも知れません。

スポンサーリンク

株式やFXの取引は基本逆張りで、下落トレンドを形成しているチャートから割安と判断した値に、指値買い注文を出します。FXは過去の値動きや保有している平均買値から、いくつかに分散して指値買い注文を出すことが多いです。

株式の場合は配当利回りを考慮して指値注文を出すことが多いですが、この株高局面では銘柄を検索してもお馴染みの銘柄ばかりです。次に考えたのが年初来安値を更新しそうな銘柄を追い続けることです。

本日年初来安値更新したマネーパートナーズグループ(8732)が約定しました。外為証拠金取引専業大手なので社名は知っていましたが、口座は開設していません。購入動機はフィンテック関連と仮想通貨関連銘柄として購入し、配当利回り次第では中長期保有も考えています。チャートはゆっくりと下落している状況です。



本来は400割れまで待つ予定でしたが、SBI証券の貸株金利2%と買付余力を使い切ることを考慮して、年初来安値で注文を出し続け本日約定しました。この時点で株式現物の買付余力があるのは、松井証券、カブドットコム証券、GMOクリック証券です。3月の権利取りまでにもう一波乱あるかもしれないので、SBI証券の買付余力を回復する為に追加で入金する予定です。

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です