百冊の理論書は1回の売買にしかず


今月の金曜日はソフトバンクのSUPER FRIDAYで、吉野家の牛丼並が無料だそうです。昨日の夜、寒い中吉野家店舗前に長蛇の列、車で入店待ち渋滞と修羅場になっていたそうです。そこまでして無料で食べたいか思いきや、「無料で食ってる!イベントに乗っかてるぅ!」という気分の上がり方は、人によって380円以上の価値があるそうです。本日は相場の格言について投稿します。

スポンサーリンク

「百冊の理論書は1回の売買にしかず」とは、相場の理論書を百冊読んでも、1回の売買に学ぶところは及ばないという格言です。世の中には相場の本が多くありますが、参考程度に読むことはあってもその通りに実践することはほとんどありません。個人の投資関係のブログにもお薦めの書籍が紹介されていますが、私が紹介できるような相場関係の書籍はありません。

基本的な投資の知識は書籍でも良いかもしれませんが、売買を繰り返してそれを分析して次に活かす方が有意義と思います。たとえ損失が発生したとしても、後にそれは経験値となって活かせると考えれば、少しは気が楽になるかも知れません。

良くも悪くも自分で考えて時期や銘柄を選んで、取引することが重要だと思います。有名経済評論家の推奨銘柄など、だれかの予想を当てにして取引するような行為は考えることを放棄するようなものです。

このブログでも購入した銘柄については報告します。後に大きな損失になっても言い逃れが出来ないように、投稿して形に残しています。あるCMで「トレーダーは孤独だ」とありましたが、長期間メンタル面を一定に維持することは不可能です。少数でもこのブログを見ている方がいることが、メンタルの助けになっています。

食品の口コミサイト「もぐナビ」より本日購入したお鍋に必須の商品

 

味の素 鍋キューブ アソートパック 袋148g

スポンサーリンク

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です