仮想通貨の比ではない暴落VIXベアETN


本日の日経平均前場反発してはじまるも後場に失速、なんとか前日比プラスで終了しました。さすがに本日は大きく反発して終了すると思いましたが、不安定な地合いはしばらく続きそうです。保有銘柄ではJT(2914)が年初来安値更新で大きく下落しました。配当利回りやチャートの値動きをみると追加で購入したいところですが、2月3月権利取り銘柄を優先したいので今回は様子見です。3000を割るような展開になれば、時期に関係なく購入すると思いますが。

スポンサーリンク

本日、ETN NEXT S&P 500 VIX インバース(2049)、通称 VIXベアETNが一夜にして-96.1%の暴落となりました。前回「VIX上昇で株売り」の流れが加速、急激な株安の原因ではないかと投稿しましたが、本日はその威力をまざまざと見せつけられました。2月19日には上場廃止になるので、その日までにチャートは確認しておいても良いかもしれません。

株式投資やFXを10年以上やってきましたが、このようなチャートは見たことがありません。FXでは休み明けに窓を開けて値がとぶことがたまにあります。仮想通貨の値幅が恐ろしいと言いましたが、今回のVIXベアETNのチャートはもはや殿堂入りレベルのものです。

アルファベット一文字違いで「ETF」という商品があります。NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)は私が保有しているETFです。ETNはETFと違い、裏付資産を持たず、長期投資向きの商品ではありません。

「遠くて知らないものには手を出すな」と言うように、一見魅力的に見える新しい投資先であっても値動きしか知らないものも多くあります。今回の件で馴染みのある銘柄や取引の多い通貨ペアに関して、より深く値動きを研究するように努めていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 個別銘柄 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です