購入したい日本株は割安にならない

Pocket

マスクをしないと外出が厳しい季節になりました。昨日は月齢で満月、相場で何らかの動きがあるものと予想はしていました。為替レートは想定以上の値動きで、クロス円ロングの約定が続き少し不安になりました。日本株については思っていた程下落していないと感じています。

スポンサーリンク

今週購入した銘柄は、JTのみと寂しい結果となりました。3月権利取りで高配当利回りや年初来安値更新した銘柄で、いくつか指値注文を行ないましたが約定せずの結果となりました。2月14日につけた安値を下回ると考えていましたが、3月権利取りが近い為か昨日の大幅下落局面でも、購入したい銘柄はそれほど下落することなく推移しています。

為替が大きく動いた(と私は思っている)ので、日本株も2月14日につけた安値を割り込めば、積みあがった信用買い残の解消が進みもう一段の下落がくると考えていました。一時期は売り材料のニュースが出てもスルーされていたのが嘘のようで、ここ数日は狙ったかのように売り材料のニュースが出てきます。

売りを仕掛けているのは言わずもがな海外勢です。資金力、スピード、情報量なにをとっても個人投資家が勝てる訳がありません。同じ土俵では勝負にすらならないでしょう。個人投資家は負ける運命なのかといえばそうでもありません。同じ土俵で勝負しなければよいのです。

これだけの売り仕掛けですから長続きはしません。ある期間内に達成しなければならない状況にあると言えます。その為にはあらゆる手段で売り崩しが行われるので、立ち向かうような買いは行いません。安いところを少しずつ拾う程度で充分と考えます。時間を味方にするような取引を心掛け、一時的な下落局面でも平常心で相場に向かい合いたいと考えています。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です