40代で「折れない心」にみるみる変わる5習慣を読んで


日本時間の9日早朝に米朝首脳会談の実現が報じられ、地政学リスク低下が意識されたのか、日経平均は226円高でスタート。前場中頃には上げ幅が500円を超えるも、ロイターが「MSCIの浮動株算出ルール変更で日本株に5800億円の売り需要が出る」と報じると、一気に上げ幅を縮小。黒田総裁会見、米雇用統計を控えていることもあり、後場は一進一退となりました。為替はジワリと円安方向へ推移していますが、米雇用統計発表後に大きく動く可能性があります。

スポンサーリンク

いつもは重要指標であってもリアルタイムで為替レートに一喜一憂することなく、ある程度時間が過ぎたあたりで確認する程度です。ただ今回は海外勢がこの機に乗じて何らかの仕掛けがあるのではと考えています。米雇用統計前にジワリと円安方向で推移しているのも、発表後に円高方向へ急落させるのではと疑いたくなります。

本日NZドル円77円台半ばで一部のポジションが指値決済されました。急激な円高になるのであれば、再度下値でロングポジションを作っておきたいところです。本日22時30分の指標はリアルタイムで為替レートを見届けたいと思います。

さて本題の東洋経済の記事「40代で「折れない心」にみるみる変わる5習慣」を読ませていただきました。まだ辛うじて40代ですが共感することが多く、メンタル面の強化や折れない心は相場を行う上でも役立つと思い取り上げてみました。

とにかく「脳を疲れさせない」や「プラスの言葉」を使って「マイナス思考」を遠ざけるなどはなるほどと感心しました。時間を短縮して、「質」を重視することは日常生活でも活用できます。他人の不平不満や愚痴を聞くと嫌な気持ちになるのは、あながち間違っていない様に感じます。

 

「苦手な人」と付き合わないや日常の中に「楽しみ」を取り入れるなどは実践しています。「仕事(練習)を一切考えない時間」をつくる為に、趣味に没頭する時間も増やしてみたいと考えています。明日はコンサートで音楽に没頭できる一日です。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です