円安株高で調整終了か


ドル円が107円台で推移しています。朝9時では106円20銭台のドル安値がありましたが、その後はジリジリと円が安くなりドル高方向の動き(午後5時過ぎには107円台に乗っている)。その為替の動きに歩調を合わせる形で日経平均がマイナス幅を 縮小、午後には前日比プラス水準に浮上しました。結局は2万2000円近い水準での高値引け。明らかに地合いが変化したように感じます。

スポンサーリンク

政治の混迷を嫌う海外投資家が売ってくるのではと思いましたが、想定外の円安株高の展開となりました。さらなる下落局面で購入したいと考えていましたが、本日の相場をみる限りでは難しそうです。

後出しじゃんけんではないですが、保有銘柄で含み損になっているキューブシステム(2335)、昨日指値注文が約定していました。昨日の昼休みに株価チェックをしていて、他の銘柄の上昇幅に比べ出遅れているように感じました。含み損になっており難平して買値を下げておきたいのと、このまま上昇して購入チャンスを逃す危機感から指値注文を行いました。後場の安値で購入できたので一安心です。

FXの方は一時期の連続約定メールはピタッと止みました。今回の下落局面で最安で購入できたNZドル円ロングは今のところ75.99となっています。76台半ばから75台半ばまでロングの指値注文は、そのままの状態にしていますが今月約定なければ取り消す予定です。

いつも通り安値で購入してスワップポイントを頂きつつ値上がりを待つ戦略を変えて、売買を行ってみましたがセンスの無さを痛感しました。利確のタイミングが悪く薄利で決済する場面が多くありました。リアルタイムの取引画面で含み損から含み益にかわる瞬間に、決済するような今思えばモッタイナイこともありました。慣れないことでせっかくのお宝ロングポジションを無駄にしたので、今後は今まで通りの戦略で臨みたいと思います。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX, 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です