コインの裏側を見られるのはいつになるのか


株も為替も大きな動きがありません。ネタ切れなので今回は頂き物の自己啓発本、トニー野中著の「世界の大富豪2000人に学んだ幸せに成功する方法 」から第7章「コインの裏側が見られなければチャンスはないよ」についてについて投稿します。

スポンサーリンク

「成功できない人はチャンスが訪れるのをひたすら待っています。」の文章からはじまります。宝くじやギャンブルに群がる人は、総じて受け身の姿勢で待っている人が多く、その根源になっているのが、自発的な行動をとったときに起こり得る失敗への恐怖心だそうです。

成功者になるには、この恐怖心を克服し自分の人生の展開を自らコントロールでき、さらにモノの見方変わってくるそうです。「コインの裏側が見られなければチャンスはないよ」と成功者は口癖のように言うそうですが、私は残念ながらコインの裏側は見れてないようです。ここまで読んでも正直あまりピンときませんでした。次のメンタルブロックの例はなかなか興味深く読ませて頂きました。

メンタルブロックは2~3歳から形成され始め、10歳にはほぼ完成してしまう人がほとんどだそうです。両親や学校の教師、友人などからやる気を削いでしまう否定語を受けるとメンタルブロックとなり、心身に蓄積されてしまうそうです。サーカスにいる象の調教法の例で、大人の象の力なら抜ける杭でも、小象の頃に形成されたメンタルブロック「これは抜けない杭」が、思いこみとなったまま疑おうともしないそうです。

人間でも同じで幼い頃のメンタルブロックが、大人になっても影響を及ぼしていることは皆さんもあるのではないでしょうか。私の場合、身近な人に投資について話しても必ず否定語を受けてきました。それでもやってみたい思いは無くならず、ネット環境の充実でなんとか今日まで生き残ることが出来ています。当初よりもモノの見方は変わりましたが、コインの裏側を見られるようになる日はくるのでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です