3月末権利取り前に絶好の買場到来


昨日は底堅く推移した株価を見て「このまま上がって買場なしか…」と諦めていた中、本日の株価急落で今まで失効していた銘柄の約定メールが一斉に届きました。日経平均は20617.86で前日比-974.13(-4.51%)と大幅下落しました。前場から窓を開けて下落ではじまり11時過ぎに下げ止まるかと思いきや、後場に入っても断続的に下げていき終盤にあっさり4桁の下げを記録しました。

スポンサーリンク

今の日経平均は昨年の10月初旬頃の水準で、15営業日連続上昇した初めの頃とほぼ同じです。2月14日につけた安値を大きく下回る2番底、ドル円が105円台割れ、3月末の権利取り日直前となれば、多少無理しても購入しておきたい局面です。

買付余力を使っておきたい松井証券、本日は5銘柄の約定がありました。前場にアドヴァン(7463)、日本証券金融(8511)、日本信号(6741)、伊藤忠エネクス(8133)が約定していました。昼休みに株価チェックをして感じたのは、「ここまで下落すると信用の投げ売りが出て、すぐに反発するのは難しいのでは」でした。今までは下落しても後場は反発して下落幅を縮小していましたが、今回の大幅下落では反発するにしてもしばらく時間がかかる様に思えました。

333で指値買い注文を出していたセブン銀行(8410)、前場は約定していませんでしたが後場に約定しそうな勢いでした。一旦注文を取り消して、保有銘柄から本日の下落率が大きい銘柄を追加で購入する作戦に変更しました。前場に約定した日本証券金融を633で指値買いと、すでに保有している松井証券を966で指値買い注文を出しました。

帰宅して株価チェックをすると、日本証券金融は失効で松井証券は約定していました。週明けの株価推移を考えると不安になりますが、本日は権利前に安く購入できたことを素直に喜びたいと思います。

スポンサーリンク

 

カテゴリー: 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です