2018 1Q 1-3月 インカムゲイン


2018年1月から3月末までのインカムゲインを集計しました。株式の配当金と貸株・預株の受取金、FXのスワップポイントの合計です。

スポンサーリンク

最初に1月から3月末の貸株・預株の受取金額合計は13209円で前年比プラス3017円となりました。SBI証券12037円、松井証券147円、マネックス証券340円、カブドットコム証券574円、GMOクリック証券111円となっています。SBI証券の受取金が増大しましたが、松井証券の預株料が大きく減少しました。マネックス証券はブリヂストンの貸株金利変更で銘柄を変更しました。

次に1月から3月末の株式の配当金合計は106392円で前年比プラス13382円となりました。前年比プラスになっていますが、伸び率では前年より鈍化しています。

最後に1月から3月末のFXのスワップポイント合計は399694円で前年比プラス59616円となりました。上田ハーローFXが307915円、セントラル短資FXが88261円、新生銀行FXが3518円となっています。キウイロングでスワップポイントは大きく上昇しています。ちなみに1月から3月末のFX売買益はスワップポイントのほぼ半分になります。

1月から3月末のインカムゲイン合計は519295円で前年比プラス76015円となりました。相変わらずスワップポイントに依存するインカムゲインですが、なんとか前年比プラスを維持できました。

スポンサーリンク

カテゴリー: インカムゲイン パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です