クレジットカードのタッチ決済をイオンが導入へ


本日の日経平均は上昇するも値下がり銘柄の方が多く、年初来安値を更新する銘柄も散見されました。日米首脳会談後にマーケットに影響を与える材料が出てくるのか気になるところです。特に為替は円高に振れる可能性も十分に考えられます。

スポンサーリンク

買物はほとんどクレジット決済です。現金を持たなくても良い、ポイントが貯まる、ネットショッピングでは必須などの理由から、外出時には必ずクレジットカード持参です。そんな中気になるニュースがありました。

“クレジットカード タッチするだけで決済” イオンが導入へ

流通大手のイオンは、レジでの支払いの手間を省こうと、客がクレジットカードをタッチするだけで決済ができるシステムを新たに導入します。イオンは、客がレジの端末に自分のクレジットカードをかざすだけで支払いを済ませることができるシステムを、来年3月から導入します。

対応するのは、「VISA」ブランドのタッチ決済の機能を持つカードで、店員がカードを受け取ってデータを読み取る作業がいらないほか、高額の場合を除き、客が暗証番号を入力したりサインを記入したりする必要はなくなります。すでに海外では普及していて、イオンでは、増加する外国人客の取り込みを図るとともに、従業員のレジでの作業の負担を減らすことにもつながると話しています。

会社では、来年3月からの1年間で、全国の総合スーパーやドラッグストアなど合わせて10万台のレジに導入する計画です。流通各社の間では、スマートフォンで支払いができる決済サービスを導入するなど、キャッシュレスへの対応が広がっています。

Visaのタッチ決済」は世界で広く利用されているようです。流通大手のイオンが世界標準規格を導入した意義は大きいと思います。日本では各社独自のシステムが乱立していたので、タッチ決済には二の足を踏む状態でした。スマホで決済する方法も電源が無ければ利用もできません。

訪日外国人を無視できなくなってきたこともタッチ決済を導入する要因になったと考えています。最初は外国人向けのサービスであっても、それが日本人にも便利で利用できるものであれば、今までの独自システムは駆逐され世界標準規格に変わると考えています。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です