2018年に創業100周年を迎える企業は何社あるのか


日経平均は3日続伸しました。本日朝方、安く始まった日経平均は、静かに上げ幅を広げ、ほぼ高値圏で終えました。きょうの高値は22894円まであり、今年の1月23日の高値(24129.34円)から、3月26日の安値(20347.49円)までの下げ幅(3781.85円)に対して、3分の2戻し(22868円)を達成しています。このまま一気に23000円を突破するのか、昨年のように23000円手前で跳ね返えされる展開になるのか気になります。

スポンサーリンク

下方修正と配当の減額を発表したゼロ(9028)は、予想通り年初来安値更新しました。昼休みに株価チェックすると、始値1372で安値1351でした。後場さらに売られるような展開になれば、一度決済することも考えていました。帰宅して終値をみると1450でした。おかしいと思いチャートで確認すると、1400以下で推移していた株価が、14時58分にいきなり1450まで上昇し、そのまま終了です。もう少し値動きをみてから保有を継続するか、売却するかを決めたいと思います。

松井証券(8628)が「総額 100 億円の創業 100 周年記念配当を実施」との適時開示情報がありました。

当社は、本日 5 月 10 日をもちまして、創業 100 周年を迎えました。大正 7 年(1918 年)創業以来、様々な困難に直面しつつも独立を維持し、本日を迎えることができましたのは、ひとえに株主をはじめとする関係者の皆様からのご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

2018年(平成30年)に 周年記念を迎える企業」によると、2018年に創業100周年は全国で1760社あるそうです。100年前の1918年(大正7年)は第一次世界大戦が終結、米価の急上昇で「米騒動」も起きた。波乱万丈の年だったが、「大戦景気」を背景に重化学工業が発展を迎え、多くの製造業が生まれた年だったそうです。

老舗企業は「歴史」という「信用」を築き上げていて、100年続く企業に必要不可欠なのは「信用」と書いてありました。その通りだと思います。ただ私は老舗の重みというのが、どうも肌に合わないのか老舗旅館などは敬遠しがちになります。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です