残念な売却が続く


本日、NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信の収益分配金計算書が届きました。昨年4月に3口購入した初めてのETFで、今回の計算書で年間の合計金額が判明します。昨年8月に186円、11月に1431円、今年2月に222円、そして5月に1674円で合計3513円となり、利回りは3.51%となりました。今年あと2回の分配金で利回りがどの程度変化するのか楽しみです。

スポンサーリンク

昨日は残念な売却が2件ありました。一つ目は株式のCasa(7196)を2277で指値売却注文を出していました。今年の配当取り済みで200株のうち100株を売却して、別の銘柄で今年度の配当取りを考えていました。一時は1735まで下落した銘柄なので、2233で購入した100株を2277で指値売却注文を出しました。

昨日帰宅して株価チェックすると2285で約定していました。なにがあったのか調べると、5月16日11時50分に株式分割を発表していました。保有銘柄で場中に株式分割を発表したのは、今回のCasaがはじめてになります。これならもう少し後に売却した方が、良かったですが仕方ありません。指値よりも高く売却できたことで我慢しましょう。

もう一つはFXのトルコリラ円です。16日に年初来安値更新でストップロス注文が約定しました。いつかはスワップポイントで含み益になると考えていましたが、それ以上の下落するペースが速く含み損は増える一方です。新規に購入は行っていませんが、ロングポジションは僅かに残っています。トルコの大統領選挙まで待つ予定でしたが、このまま保有してもストレスが溜まる一方なので、少しずつ損切りします。

今年の1月~3月にかけて他の口座でキャピタルゲインの利益があるので、その範囲内で含み損ポジションを売却します。残りの含み損ポジションは今年中に売却する予定です。売買はあまり得意ではありませんが、NZドル円のキャピタルゲインで損失を相殺できればと考えています。まだ半年以上日数があるので、なんとかなると考えていますがどうなるでしょうか。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX, 株式 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です