株価の推移と月別レポートを比較してみて


本日の日経平均は23000円台をなんとか維持して終了しました。新興市場はプラスの銘柄が多い印象を受けます。ドル円は111円台の円安ドル高水準で推移しており、FXのメインで取引しているNZドル円は76円後半で推移している状況です。売買もなくネタがないので、久々にグーグルアドセンスの月別レポートをみてみました。

スポンサーリンク

投稿する内容によってページビューや表示回数が、大きく変化するので月別レポートで今までのおおまかな流れをみることにしました。2017年3月~2018年5月の間で月別のページビューと表示回数で、2017年11月と2018年3月が大きく伸びていることに気づきました。

昨年の11月といえば日経平均が15営業日連続上昇して、23000円の攻防戦があった時期になります。あと仮想通貨が大きく値を上げていた時期も、この頃だったような気がします。あの頃は仮想通貨取引の口座を開設しようと思いましたが、その後の仮想通貨取引業者の不祥事をみて、口座開設をすることなく今に至ります。

2018年3月といえば、まだ記憶に残っている方も多いはずです。今まで順調に上昇していた日経平均も2月に大きく調整局面に入ります。2月14日血のバレンタインで一旦底をつけるも、3月5日に再度安値更新します。2番底は買いというも為替が円高方向へ動いていない点が気になり、しばし様子見をつづけ3月5日の安値更新した23日と26日に約定メールが一気に届く展開でした。

いま振り返れば最安値のタイミングで購入できて良かったと思いますが、当時は本当にこの株価で購入して大丈夫なのかと不安でした。3月権利取り直前だったので、安値チャンスを逃したくない気持ちもありました。その時期感じたことをほぼ思いつきで、ブログに投稿することが多く、そんな投稿でも多くの方に見て頂いて感謝しております。

スポンサーリンク

カテゴリー: グーグルアドセンス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です