新社会人の検索キーワード分析結果をみて


本日は5月末権利落ち日です。イタリアやスペインの政治リスク警戒感から株価は大きく下落しました。保有銘柄でも年初来安値更新銘柄がいくつか出てきました。もう少し下落すれば購入してみたい銘柄はいくつかありますが、今のところは様子見が続いています。FXではメインで取引しているNZドル円が、一時75円を割る水準まで下落しました。

スポンサーリンク

多くの約定メールが届いていると思いチェックすると、まさかのゼロ。指値注文を行ったつもりでしたが、どうやら忘れていたようです。早速成行でロング注文を行い75.10前後で約定、さらなる下落に備えて指値ロング注文をいくつか行いました。この下落局面でもレバレッジは8倍を少し超えるほどで、NZドル円トータルでもまだ含み益を維持していました。明日の朝どのような結果になっているのでしょうか。

新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の「5月病」。5月が終わる前に気になった記事「5月下旬は「ストレス 吐き気 涙が止まらない」などが増える Yahoo!の”新社会人検索ワード分析”が社会の闇」私も新入社員の頃はありましたが、今のようなネットで何でも検索できるような時代ではありませんでした。一番苦痛だった思い出といえば、朝の通勤時の満員電車くらいでしょうか。

5月下旬の検索ワードに出てくるネガティブワードのラインナップ。「仕事 行きたくない」で検索する心境は、どのようなものなのでしょうか。同じ心境の方を探しているのか、何か解決策を探しているのか、少し気になります。

仕事がつらいなんて当たり前、最初は誰でも失敗やミスを犯します、ともうすぐ50歳になるおじさんに言われても説得力はありませんが、自分の思い通りにならないことの方が多いと半ば開き直ってみれば、新しい環境にも適応できるかもしれません。

スポンサーリンク

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です