トルコリラ撤退戦の最初の山場 トルコ中銀の金融政策決定会合


本日、トルコ中銀が金融政策決定会合の結果発表を日本時間20時に行いました。結果は政策金利を1.25%引き上げ17.75%にすることを決定しました。据え置き予想もあったので、多少のサプライズはありました。発表前のトルコリラ円は24.00円辺りで推移していましたが、発表後に24.60円台まで急上昇後24.50円台で推移している状況です。

スポンサーリンク

先月セントラル短資FXのトルコリラ円を損切りした約定レートは24.80円台と24.70円台です。25円を超える可能性は限りなく低いと考えていたので、金利発表直後の値動きが激しい時間帯を狙って売却する作戦で臨みます。前回の損切りした約定レートが第一目標、それに届かない場合でも極力高値で売却したいと考えていました。

いつもは指値注文で約定するまで気長に待つことが多いですが、今回ばかりはレートをみて成行注文で臨みます。20時を過ぎるとレートが刻々と変化します。20時03分で最初の成行注文が24.42円で約定しました。想定していた約定レートに届きませんが、いつ下落して売却チャンスを逃すかもしれない思いが優先されました。

次の約定は20時05分で24.60円で約定しました。もう少しで前回損切りした約定レートに届きそうですが、時間と共に上昇ペースが鈍化して下落するパターンを何度も経験したトルコリラ円です。20時06分に24.56円で約定を最後に成行注文は一時終了します。

直近の高値が24.642だったので、24.64に指値注文を行って取引終了。最低限のポジション損切りは行ったので、後はトルコリラ円のレート次第で今後の方針を決めてみたいと考えています。

スポンサーリンク

カテゴリー: FX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です